マークシート方式

司法書士試験の内容に入っていきます。
まずは試験科目から行きましょうか。

試験科目

筆記試験の試験科目は法律資格試験でも多い方と言えます。まずは列挙していきますね。

  1. 憲法
  2. 民法
  3. 刑法
  4. 商法・会社法
  5. 民事訴訟法
  6. 民事執行法
  7. 民事保全法
  8. 供託法
  9. 司法書士法
  10. 不動産登記法
  11. 商業登記法

これは大変だ(苦笑)。実に11科目です。

まず、ざっと見ての特徴ですが、憲法・刑法・司法書士法の3つを除いて他はすべて民事系法律です。民法の派生法ですね。司法書士試験の科目上の特徴ですね。

まず民法が基本であり、不動産登記法、商法・会社法、商業登記法、供託は民法の特別法で、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法は民法の手続法ということになります。

もう、民法だらけですね。さらに言えば、憲法・刑法・司法書士法は全体に占める問題数の割合も低いです。つまり、重要度も決して高くないということ。司法書士試験は、量的にも質的にも「民法の試験」と言えますね。

出題形態

司法書士試験の出題形態は、まずはマークシート方式。「択一式」とか言ったりします。問題文の解答の肢があって、その中から正解を選ぶというものですね。これは全科目あります。

そして、不動産登記法と商業登記法だけは別の出題形態があります。「記述式問題」といわれるものです。問題文として、様々な資料を与えられ、それを法律的に組み立てて書式に関する問題を解答するという形態。

ちょっと言葉ではわかりづらいかもしれませんよね。要は、不動産登記や商業登記を申請したりする仕事ですので、それの実戦訓練的なものとイメージしておいてください。

問題数

問題数は全部で72問。択一式が70問、で記述式問題が2問。
問題数の各科目振り分けは以下表にまとめておきました。年度によって多少の前後はありますので、およそこんな感じということでご了承ください。

科目 問題数
憲法
民法 21
刑法
商法・会社法
民事訴訟法
民事執行法
民事保全法
供託法
司法書士法
不動産登記法 択一式:16
記述問題:1
商業登記法 択一式:8
記述式問題:1
72

時間割

司法書士試験の第一次である筆記試験は、例年7月の第一日曜日に実際されますが(「司法書士試験の概要 本試験の日程と前後のスケジュール」参照)、科目数が多いこともあり、かなりハードです。

午前の部と午後の部に分かれます。もちろん、途中の昼休みはありますよ。

午前は9時30分から11時30分まで、憲法・民法・刑法・商法・会社法の35問、午後は13時から16時まで、残りの科目で35+2の37問。かなりハードな試験ということがお分かりいただけたでしょうか・・・

司法書士試験の科目-午前の部-についてお話します
司法書士試験の科目-午後の部-についてお話します

配点

配点は択一式が1問3点で70問全問正解で210点、記述式問題は1問35点満点で2問満点で70点、全問正解で280点満点ということになります。

おすすめの司法書士通信講座

伊藤塾 司法書士

伊藤塾司法書士トップページ

法律資格専門の大手予備校。法律資格専門だけあってあらゆる面で高品質な講座と言えましょう。受講料は安くないけど、実績から見て、今最も合格者を輩出する司法書士予備校かと。

伊藤塾 公式HPでチェックする

クレアール 司法書士アカデミー

クレアール司法書士トップページ

通信専門では大手と呼べるクレアール。司法書士講座も人気です。通信専門としては高めの講座料ですが、充実のカリキュラムと豊富な割引制度を利用できればかなりお得感あり。

クレアール 公式HPでチェックする