司法書士

皆さんは、「司法書士」と聞いてどんなイメージを持たれますか?

法律家であることはすんなり出てくると思うのですが、そこから先がなかなかイメージできない方も少なくないでしょう。同じ法律家、例えば、弁護士などは仕事内容の認知度もそれなりに浸透していますけドね、司法書士はイメージしづらいのが実情じゃないかなと。

司法書士とは

司法書士とは、イメージ通り法律家です。ただし、弁護士や行政書士とは職務領域が異なり「棲み分け」ができています。できていますが、司法書士の仕事は法律関係全般がフィールドになります。

かなり多岐に渡りますよね。

登記関連業務

司法書士と言えばまずコレです。

世の中には「登記」という権利関係・利害関係の公示機能を示す制度があります。登記が必要なのは不動産(土地・建物)、船舶、建築機械などの物件や、法人などです。この登記は登記所(各地方法務局)で管理されています。

例えば、皆さんが土地や家などを購入したり売却したり、何か大きな買い物をする際、自分に所有権がある土地などに抵当権を設定することになった場合、又は、独立して自分で会社を興そうとする場合、登記関連の法律のスペシャリストでないと登記ができない場合があります。

そういう時に活躍するのが司法書士です。

登記簿



ちなみに不動産関係で他の法律関係資格と言えば何といっても「宅地建物取扱士(宅建)」になりますが、宅建資格を取ってから司法書士の資格を狙う人もいらっしゃいます。

その他の業務

供託関連業務も司法書士の領域になります。「供託」とは、金銭など供託所で管理させ、特定の人に受け取らせることによって法律敵目的を達成させる制度です。供託は、家賃の支払い関係のトラブルなどで利用されることが多いみたいですね。

昨今、司法書士が債務整理の代理人も担うようになっていますが、あれはもともと弁護士の仕事領域でした。しかし、司法書士も一定の資格を得て「認定司法書士」ということになれば、いくつかの制限はありますが、債務整理の代理人はできるようになっています。

また、債務整理にも多少は関連しますが、裁判所に関する業務もあります。訴訟代理人にはなれません(一部はOK)が、申立書類などの作成はできます。

司法書士の年収は?

で、実際問題、司法書士って儲かるのでしょうか?
これは、やり方次第です。弁護士だってやり方次第で億稼げるになりますし、年収500万円程度の場合だってあります・・・ってこれでは通り一遍ですよね(笑)。

ただ、実際そうなんですけどね。

一つ言えるのが、司法書士はわが身ひとつで独立開業ができるということ、このような法律サービスは将来的にも安定はあると考えられます。話は元に戻ってしまいますが、企業の中に属していれば、言い方悪いですが「一つの駒」となって与えられたやるべき仕事をすることができます。守られるものも厚いと言えるでしょう。

しかし、独立開業はそうはいきません。おのずから自分から仕掛ける必要がありますし、大きなリスクが伴い、その責任も自分が被らなければなりません。しかし、うまいこと行けばリターンも大きい。独立開業すれば、うまくいけば年収千万円オーバーもあります。

司法書士の年収はこれくらい?

企業法務部で働く道もある

司法書士資格を取得していきなり独立開業、というパターンはかなり少数派だと思います。弁護士や医師などのように、司法書士も企業の法務部や事務所に就職して経験を積む、という道もあります。

「勤務司法書士」ですね。

こちらは年収で500万円台~800万円台というところでしょうか。企業や事務所の規模にもよりますけどね。

予備校講師という手もある

こちらはちょっと裏技的と言いますか、司法書士の本来の仕事とは離れますが。

司法書士の講座の講師という道もあります。もちろん、これはこれで違う才能も必要ですが、最低限、司法書士であれば司法書士講座の講師の道はあります。

私が実際に聞いた話ですが、人気講師になれば年収は一千万円は超えるようです。本業で講師をやることも、本業とは別に講師をやることも可能です。

司法書士講座の講義風景

おすすめの司法書士通信講座

伊藤塾 司法書士

伊藤塾司法書士トップページ

法律資格専門の大手予備校。法律資格専門だけあってあらゆる面で高品質な講座と言えましょう。受講料は安くないけど、実績から見て、今最も合格者を輩出する司法書士予備校かと。

伊藤塾 公式HPでチェックする

クレアール 司法書士アカデミー

クレアール司法書士トップページ

通信専門では大手と呼べるクレアール。司法書士講座も人気です。通信専門としては高めの講座料ですが、充実のカリキュラムと豊富な割引制度を利用できればかなりお得感あり。

クレアール 公式HPでチェックする