司法書士合格にはどのくらい勉強時間が必要なのか?

司法書士試験に合格するために、どのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?気になるところだとは思います。

いうまでもありませんが、こんなものは個人差ありますし、仮にその時間勉強したところで合格できる保証だってありません。ですので、一般論といいますか、「このくらいやれば勝負できる実力が身に付くのではないか」というものということでお願いします。

初学者で3000時間?

司法書士試験の場合、よく言われているのが初学者(全くの一から勉強する人)で3000時間の勉強時間が必要と言われています。もちろん、この説の是非はわかりません。一般的にそう言われているだけです。

この3000時間を基準にあれこれ考えてみることにします。

2年で合格するぞ!

試験勉強とは日々の積み重ねです。司法書士の講座で、「1.5年コース」とか「2年コース」とかよく見ます。これは「1年半ないし2年で合格できる実力が身に付くコース」という意味ですが、仮に2年間勉強できるとしましょう。730日ですから、3000時間を730日で割ると約4.11。つまり2年間の730日毎日4時間強勉強して合格可能な実力が付くということです。

どうでしょう?2年間毎日、4時間ちょっとの勉強時間確保できますか?あるいは、続きそうですか?

専業受験生なら、週にして約30時間と考えれば可能ではないでしょうか?もっとも、勉強だけに専念できる受験生が、はたしてどのくらいいるのか?多くの方が勉強だけに専念できない方だともうのです。例えば、働いている人です。

週30時間の勉強時間を確保する。土日利用すれば可能ですよね。どこかで2日分勉強すれば、1日休める。いろいろ工夫すれば、社会人でも勉強時間2年で3000時間確保は、やってやれないことはないと思います。

・・・とまあ、簡単に言ってしまいましたが、実際問題キツイと思います。よほどのモチベーションと自律心、伴っていないと続かないしと思うし、効率的な勉強にならないのかなと。

3000時間をいかに短縮して効率的に勉強できるか?

今はこの3000時間の勉強時間説が正解だという前提でお話を進めているわけですが、初学者の方は、この3000時間を少しでも2000時間に近づけないか?を模索すると良いと思います。

時短できれば、勉強が続けられないほどモチベーションが下がる可能性もそれだけ下がります。勉強時間が少なくなれば、それだけ他のことができるわけですから。それに、実際問題、初学者でも3000時間も取らないで合格されていった方も少なくないそうです。

つまり、こういうことです。それほど勉強時間を取れなくても、正しい方向へ効率的に勉強していけば、3000時間の勉強でなくとも、合格可能な実力が身に付くということです。

勉強する時間・期間が短いほど、早く合格できるわけです。その辺を自分なりに模索すると良いと思います。

おすすめの司法書士通信講座

伊藤塾 司法書士

伊藤塾司法書士トップページ

法律資格専門の大手予備校。法律資格専門だけあってあらゆる面で高品質な講座と言えましょう。受講料は安くないけど、実績から見て、今最も合格者を輩出する司法書士予備校かと。

伊藤塾 公式HPでチェックする

クレアール 司法書士アカデミー

クレアール司法書士トップページ

通信専門では大手と呼べるクレアール。司法書士講座も人気です。通信専門としては高めの講座料ですが、充実のカリキュラムと豊富な割引制度を利用できればかなりお得感あり。

クレアール 公式HPでチェックする