段階踏んで司法書士試験合格に必要な実力をつける

いうまでもありませんが、実力は段階的に身に付けていくものです。それはインプット講義で合格の前提となる知識を身に付けて徐々に肉付け、そして、答練などのアウトプットで試験に対応できる実力を付けていく。「合格は一日にしてならず」です。

その合格できる実力を身に付けるため、各講座、様々な講義・答練・教材を用意しています。特に大事だと考えるのがアウトプット関連ですね。アウトプットは、インプット以上に大事と言える段階です。インプットだけでは絶対に合格できませんから。

そのアウトプット含め、司法書士試験合格のために各講座はどんなソリューションを用意しているのでしょうか。

どんな教材・講義があるのか?

※順番は50音順です。

講座名 概要
伊藤塾 2019年合格目標 司法書士入門講座 1年コース本科生

  • 体系編《21時間》
  • 本論編《381時間》
  • 択一式基礎力完成ドリル《全科目》
  • 択一式基礎力確認テスト《全12回 全科目》
  • 記述式基礎力完成ドリル《不登法・商登法》
  • 記述式演習(基礎編)《全10回 不登法・商登法各2問ずつ》
  • 記述式演習(実践編)《全10回 不登法・商登法各2問ずつ》
  • 全国公開模擬試験《全2回》

伊藤塾教材一覧

クレアール 2019・2020年合格目標 合格ルート 1年スタンダードコース

  • 法律入門講座(4単元4h)
  • ターゲット論点攻略講座(全330単元340h):合格に必要となる論点を単元別に学ぶ
  • ターゲット論点演習講座(16単元65h):ターゲット論点攻略講座と連動。アウトプット講座
  • ターゲット論点直前講座(20単元65h):試験直前期の仕上げ講座

クレアール司法書士配布教材一式

資格スクエア 【2019年向け】初学者向け合格フルパック

  • 難関資格一発突破術講座(8h)
  • 初学者向け基礎講座(360h)
  • 初学者向け記述講座(書式→記述のトンネル講座):記述試験への基礎・応用を磨く講座。計30パターンの登記申請書を書くための解法を学ぶ。
  • オリジナル記述問題講座:オリジナル記述問題(不動産登記法5問 商業登記法5問)。解説あり。
  • 択一9000肢問題集:過去問演習ができる問題集。
  • 穴埋め先例集:択一式で重点的に出題される先例をピックアップし、そのキーワードを覚えるために穴埋め方式の問題集。不動産登記法・商業登記法で全1800例
  • 書式雛形集:重要な雛形280例を分かりやすく網羅

択一9000肢問題集

通勤講座 司法書士総合コース[2019年度試験対応]

  • 基本講座(計約120h)
  • 要点暗記ツール
  • 通勤問題集
  • セレクト過去問講座
  • 記述式 雛形暗記ツール
  • 記述式対策講座(計約19h)

記述式講座

LEC東京リーガルマインド 2019年合格目標 新15ヵ月合格コース春生

  • 全体構造編 全3回
  • 本論編 全127回
  • 全科目択一到達度チェックテスト 全20回
  • 記述解法ベースアップ講座 全24回
  • 15分で聴く!重要ポイント20 全4回
  • 精撰答練<ファイナル編>全6回
  • 全国公開模擬試験 全2回
  • 全国スーパー公開模擬試験 全2回

カリキュラムを見て感じたこと

各社、色々考え方やコストによる違いが最も出てくるところなのかなと感じています。

基礎講座の講義については「講義で比較」を参照頂きたいのですが、トータルで見ると、基礎講座である程度インプット知識を多めにするタイプと基礎は比較的薄めで徐々に肉付けするタイプがあるようです。

ただ、学習のタイムテーブルは、基本的に各講座同じようなものです。民法から始まるし、インプットとアウトプットが並行して進行していくという。

それと、アウトプットが大事と言いましたが、その辺の考え方も出てきますね。

伊藤塾

下の学習タイムテーブルをご覧になって頂ければお分かりの通り、インプットとアウトプットがほぼ平行に進行していきます。初めにインプット講義を済ませて、そのあとにアウトプット・・・というスタイルではないのですね。

これは、民法や不登法や商法系などの重要科目を重点的に学習して下三法的な科目を後ろまで引っ張るという、科目でかなりメリハリを付けることが特徴なのかなということですね。

あと、模試が付いているのもうれしいです(笑)。模試は最低1回は受けてほしいですから。

伊藤塾学習スケジュール



クレアール

クレアールは、やたら講座内容がたくさんありますよね。実際、学習内容もかなり濃いと言えますが、段階的に細かく肉付けしていこうという哲学なのでしょう。これは伊藤塾やLECとは異なる部分ではないでしょうか。

それにしても、きめ細かいですね。

クレアール学習スケジュール

資格スクエア

結構アウトプットは充実しているのかなと思いました。価格を考えればコスパは結構高いと思うのです。

それと、本講座前にある「難関資格一発突破術講座」というのは非常に興味深いですね。このような講座はよそ探しても司法書士講座には見当たりませんし、受講の価値はありそうですよね。

資格スクエア学習スケジュール

通勤講座

下の学習タームテーブル(なのかな?)をみる限りの話ですが、こちらだけが他講座と異なるような気がします。択一と記述式を明確に分けているスタイルですね。もともと別の講座なのをパッケージしたコースなのでそうなったということなのでしょうが。

それと、他の講座は割とスケジュールがきっちりされていますが、通勤講座は、受講生の自主性に委ねると言いますか、そういったものはないような感じですね。

自主性とは聞こえはいいですが、個人的にはある程度スケジュール的に縛った方が良いと覆いますね。通信は多少の強制力を伴っていかないと、継続勉強の点で支障をきたす場合がありますので。

通勤講座学習スケジュール

LEC東京リーガルマインド

カリキュラムは上の表にある動画で解説していますので、まだの方はご参照ください。アウトプットの充実はこちらがベストではないでしょうか。模試も4回分あるし。

LEC学習スケジュール